« 閉店 | トップページ | 出会いと読書 »

2011年11月26日 (土)

西本幸雄

 昨晩、悲運の闘将『西本幸雄』氏が逝去された。91歳だったとか。

Bsr111126nishimoto2_2

 阪急や近鉄という弱小球団を、時には鉄拳をふるって熱血指導し、リーグ優勝するまでチーム力を高めた。

Bsr111126nishimoto1

 監督歴20年、リーグ優勝8回。しかし残念ながら、日本一を経験することはなかった。

 1979年、広島との日本シリーズでは、9回無死満塁とあと一歩で日本一というところで、三振、スクイズ失敗で夢破れた。伝説『江夏の21球』として語り継がれている。

 阪急時代には優勝し、ファンに胴上げされているようである。また、近鉄の監督を去ることになった阪急との最終戦では、両チームの選手に胴上げされた。

 私自身、当時近鉄というより西本監督のファンであった。たしか日生球場で行われた最終戦は、ファンに無料開放され私も球場に駆けつけた。

201111266026251nishimoto

 ただ野村克也氏曰く、『西本監督は、技術指導には熱心であったが、人間教育や後進を育てることができなかった』と。

201111266026542nishimoto

 私自身のイメージでも、西本監督は頑固親父。かなり怖くて選手にも恐れられていたらしい。

 しかしそれくらいやる監督であったからこそ、阪急にしても近鉄にしても選手が変わることができ、優勝することができたのだろう。

 何か組織が変わるために必要なことが、見えてきたように感じた。

 これでまた野球界から貴重な人材がいなくなってしまう。今の若者にとっては『西本幸雄』と言っても知らないものが多いと思うが。

 パリーグ一筋、パリーグの野球を盛り上げてくれた西本さんの功績を讃えるとともに、ご冥福をお祈りしたい。合掌。

« 閉店 | トップページ | 出会いと読書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西本幸雄:

« 閉店 | トップページ | 出会いと読書 »