« 奈良県卓球選手権ジュニアの部 | トップページ | シッティングバレーボール »

2020年2月10日 (月)

眼窩底骨折・桃田賢斗

 バドミントン男子世界ランキング1位の桃田賢斗選手。遠征先のマレーシアで交通事故に遭われました。

 全英オープンに向けて、合宿に参加されていたそうですが、シャトルが二重に見えるため、精密検査したところ『右目眼窩底骨折』がわかり、手術されました。

 私も11月末に、近くの歩道で転倒し顔面を強打しました。CT検査してもらうと『右目眼窩底骨折』が判明しました。桃田賢斗選手と全く同じです。眼球に強い力が加わると、眼球を守るため眼球下側の薄い骨が折れるそうです。これが眼窩底骨折というみたいです。医科点数表ではK228に眼窩骨折整復術29170点となっています。

 私の場合は今のところ特に影響がないため、そのまま温存していますが、今後変化が起これば手術をしないといけなくなる可能性もあるようです。

 桃田選手、今は身体をしっかり治してほしいですね。

« 奈良県卓球選手権ジュニアの部 | トップページ | シッティングバレーボール »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

 orochiさん、大変だったんですね。

桃田選手、いろんな苦難を乗り越えて、ここまで来ただけに、なぜこんなに彼ばかりがこんなに不運なのかと思ってしまいます。

 しかし、必ず乗り越えて、もらいたいと思います。

 頑張れ!

yamaさん、コメント有り難うございました。自分が骨折してこのような病名初めて知りました。まさか有名選手が同じ病名とは驚きましたよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良県卓球選手権ジュニアの部 | トップページ | シッティングバレーボール »