« 大相撲春場所と通勤電車 | トップページ | 鮮魚専用列車 »

2020年3月 9日 (月)

Fukushima50

 今日は午後から3/7分の振休を取って、映画『Fukushima50』を見てきました。

Fukushima501

 組合の斡旋で、ムビチケカードを購入していましたので、500円で見ることができました。

Cimg5984

 普通なら大人1900円ですからね。ちなみにシニアは60歳以上みたいです(笑)。

Cimg5990

 松竹、KADOKAWA配給だからなのか、それとも原発を扱っているためなのか、イオンモールでなくユナイテットシネマです。

Cimg5986

 新型コロナウイルスの影響で、座席指定でなく自由席になっていました。

Cimg5987

 平日だったのでガラガラです。結局この映画はスクリーン2で見たのですが、たった4人でした。ど真ん中に座って大画面を大いに楽しみました。

Fukushima502

 吉田所長役が渡辺謙、当直長伊崎役に佐藤浩市、緊急時対策室総務班浅野役に安田成美など豪華キャストです。

Fukushima503

 何故か佐野史郎は内閣総理大臣役で名前はありません。当時の首相は菅直人さんですが、少しイメージが違いましたよ。

 また、何カ所か事実と異なる描写がされていたように感じました。

【予告編より】

 そして当直長役の吉岡秀隆の妻の役に中村ゆり、どこかでよく見る顔だなあと・・・・思い出しました。日本生命のCMに出ているお母さん役の方でした。

【日本生命のCM《笑顔が大好き編》】

 久しぶりの映画でしたが、よかったです。特にもうすぐ福島第1原発事故から9年です。

 確かに吉田所長を初めとする彼らの命がけの行動で、最悪の事態は免れましたが、放射能汚染はまだ収束はしていません。事故後に出された原子力緊急事態宣言は発令されたままなのです。

 映画のエンドロールにも出ていましたが、大震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

Cimg5989

 他にもこんな映画が上映中でした。

« 大相撲春場所と通勤電車 | トップページ | 鮮魚専用列車 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大相撲春場所と通勤電車 | トップページ | 鮮魚専用列車 »