« つつじ | トップページ | 映像’20 13坪の物語~小さな本屋が愛される理由~ »

2020年5月31日 (日)

第87回東京優駿(日本ダービー)GⅠ

 JRAは無観客競馬を延長し、一応6月中の開催は無観客にすると発表されました。

 今日は競馬の祭典『日本ダービー』です。東京競馬場、2400m、芝・左、曇・良で行われました。

 父ディープインパクト以来、コントレイルが15年ぶりの無敗の二冠馬になるかに注目が集まっていました。しかも父と同じ3枠5番に入りました。

 結果は、1着⑤コントレイル(福永祐、1番人気)、2着⑫サリオス(D.レーン、2番人気)、3着⑥ヴェルトライゼンデ(池添謙、10番人気)で、皐月賞1・2着馬で決まりました。矢作厩舎は2頭出しのもう一頭①サトノインプレッサも9番人気ながら4着入線しました。最後の直線も優勝馬コントレイルだけは脚色が違っていました。上がり3Fも最速の34.0でした。優勝した福永祐一騎手は一昨年のワグネリアン以来このレース2勝目です。ダービージョッキーを目指していた和田竜二騎乗の⑬ディープボンドは8番人気で5着に健闘しました。

 ハイブリット競馬新聞では、コントレイルは推定後3Fタイムが1位、サリオスは推定後3Fタイムが2位、前3Fタイムが5位、ヴェルトライゼンデは推定前3Fタイムが3位、HB指数が72、70、59で指数順に1・2着となりました。この二頭は実力が抜きんでていたということでしょうね。

 秋の菊花賞が楽しみになりました。是非前哨戦を勝って無敗の三冠馬を目指してほしいですね。来週は安田記念です。アーモンドアイが出走予定です。こちらも楽しみですね。

【日本ダービー2020、Official版】

【フジテレビ系列版】

« つつじ | トップページ | 映像’20 13坪の物語~小さな本屋が愛される理由~ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« つつじ | トップページ | 映像’20 13坪の物語~小さな本屋が愛される理由~ »