映画・テレビ

2020年6月26日 (金)

バック・トゥ・ザ・フューチャー PARTⅢ

 今日が3週目でした。金曜ロードショーで今夜は完結編のPARTⅢが放送されました。

Docmartykeikoku2020

 PARTⅡの最後で、落雷を受け1885年にドクがタイムスリップしてしまいました。しかし落雷による過大電流が流れてしまい、次元転移装置が壊れてしまいます。1885年当時ではトランジスタ等の部品がないため修理できず、1955年に炭鉱跡に隠されていたデロリアンを掘り出し、真空管で代用して修理されました。そしてドクを助けに1855年にタイムスリップします。

Docmartytokeimemorial

 PARTⅡとPARTⅢは同時に作られたとか。元々1つの映画にしようとされましたが収まりきれず、2作品に分けられたようです。PARTⅡの最後には予告も作られていました。

 この三部作は、コミカルな部分たくさんもあり、色々なトリビアも埋め込まれていて、本当に名作だと思います。

Dockulala2020

 ドクがクララに恋をして結局結婚し、機関車型のタイムマシンを発明し、1985年に現れました。

 肝心なときには、いつもハラハラドキドキです。

 最後にドクがマーティーたちに言っていた言葉がよかったですね。

 

 「ドック、クビって書かれた文字が消えて白紙になったの!何で!?」

 「それは当たり前だ。君たちの未来はその紙と同じなんだから」

 未来は過去の延長戦ではないし、運命も人生も決まっていない。 

 人生は自分たちで創っていくものだ。

 ドクの名言です。

 

 この3週間、金曜の夜が楽しみでした。まさしく『花金』。

 何度見ても面白かったです。数年後また放送してほしいですね。

2020年6月20日 (土)

バック・トゥ・ザ・フューチャー

 金曜ロードショーで、先週から3週間連続で、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を放送しています。

 シリーズ1作目は1985年に上映されました。3作品とも映画館で見ました。当然字幕版です。

 この映画と言えば、タイムマシンに改造されたデロリアンです。

Bttfdelorean

 そして舞台になっている街は『ヒルバレー』。

Hilltokei

 確か裁判所です。1955年に落雷があり、時計はその時刻で止まったままですね。

 私が訪れたときは、こんな緑の芝生はありませんでしたよ。

Ushstdtour

 実は大学4回生の時、妹と一緒にロサンゼルスに旅行しました。妹の友達が急遽キャンセルしたため、誘われました。現地3泊だったと思いますが、旅行代金は約10万円でした。人生初の海外旅行で、この時ハリウッドにある『ユニバーサルスタジオ』(USH)に行きました。

 写真はネットから拝借したものですが、当時はスタジオツアーなるものしかありませんでした。左端に写っているようなトラムに乗り、撮影されたセットを巡ります。

Ushjaws

 JAWSのセットの所へも行きましたよ。アトラクション的なものもありました。

Usf_btthf_time_train

 BTTF-Ⅲの最後に登場した機関車型のタイムマシンです。ドクとクララと子どもたちが乗っていました。

 来週の完結編のⅢの放送が楽しみです。

 この時の旅行で、ディズニーランドにも行きました。USHもそうでしたが、案内のクルーの言葉はすべて英語なので、すべて完全に聞き取ることはできませんでしたが、雰囲気がよかったですね。

 友達から餞別を100ドルもらいましたので、香水とリップをお土産に買って帰った記憶があります(笑)。

 本当にタイムマシンがあれば、40年前の高校生時代に戻ってみたいですね。

2020年5月31日 (日)

映像’20 13坪の物語~小さな本屋が愛される理由~

 MBSテレビの深夜の番組『映像’20』で、大阪の隆祥館書店が取り上げられます。

 父の跡を継がれた二村知子さん、元シンクロナイズドスイミング(現アーティスティックスイミング) の日本代表で、井村雅代監督の指導を受けられました。

 水中で息ができなかった苦しさを思えば、今こうして息ができるのだから、どんな困難もそれに比べれば耐えられると話されていました。

 映像’20 13坪の物語

 二村知子さんFacebook

 私も隆祥館書店に何度か足を運び、本を購入しました。

 小っちゃな街の本屋さんですが、暖かみが感じられる本屋さんです。

 大手の書店に負けずに頑張って欲しいですね。

2020年3月 9日 (月)

Fukushima50

 今日は午後から3/7分の振休を取って、映画『Fukushima50』を見てきました。

Fukushima501

 組合の斡旋で、ムビチケカードを購入していましたので、500円で見ることができました。

Cimg5984

 普通なら大人1900円ですからね。ちなみにシニアは60歳以上みたいです(笑)。

Cimg5990

 松竹、KADOKAWA配給だからなのか、それとも原発を扱っているためなのか、イオンモールでなくユナイテットシネマです。

Cimg5986

 新型コロナウイルスの影響で、座席指定でなく自由席になっていました。

Cimg5987

 平日だったのでガラガラです。結局この映画はスクリーン2で見たのですが、たった4人でした。ど真ん中に座って大画面を大いに楽しみました。

Fukushima502

 吉田所長役が渡辺謙、当直長伊崎役に佐藤浩市、緊急時対策室総務班浅野役に安田成美など豪華キャストです。

Fukushima503

 何故か佐野史郎は内閣総理大臣役で名前はありません。当時の首相は菅直人さんですが、少しイメージが違いましたよ。

 また、何カ所か事実と異なる描写がされていたように感じました。

【予告編より】

 そして当直長役の吉岡秀隆の妻の役に中村ゆり、どこかでよく見る顔だなあと・・・・思い出しました。日本生命のCMに出ているお母さん役の方でした。

【日本生命のCM《笑顔が大好き編》】

 久しぶりの映画でしたが、よかったです。特にもうすぐ福島第1原発事故から9年です。

 確かに吉田所長を初めとする彼らの命がけの行動で、最悪の事態は免れましたが、放射能汚染はまだ収束はしていません。事故後に出された原子力緊急事態宣言は発令されたままなのです。

 映画のエンドロールにも出ていましたが、大震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

Cimg5989

 他にもこんな映画が上映中でした。

2019年12月29日 (日)

グランメゾン・東京 最終回

 毎週楽しんで見ていた日曜劇場『グランメゾン・東京』も、今夜が最終回でした。

Gmtokyo1_20191230181801

 フレンチの三つ星を目指すストーリーでしたが、色々思い当たることがありました。

 木村拓哉演じる『尾花夏樹』1人ではの力では三つ星を取れなかったでしょう。

 スタッフ全員が個性を発揮し、お互い助け合い、相乗効果によって素晴らしい料理と時間を提供していたように感じます。

 どんな職場でも、こんな感じで全てのスタッフが同じ目標に向かって努力を惜しまず、各自できることをしっかりこなして協力したりカバーし合うことは必要ではないでしょうか。

 毎回感動した素晴らしいドラマでした。続編をぜひ期待したいですね。

【最終回】

 

2019年9月 5日 (木)

宮古島 充電バイク 小島瑠璃子

 この前の土曜日、テレビで『出川哲朗の充電させてもらえませんか』を視ていました。

 宮古島を旅していました。

Images

 この警察官型人形を『まもるくん』と言うそうです。

 たまたま職場の生徒から、こんなお土産をいただきました。

Cimg5408

 ゲストは小島瑠璃子ちゃん、通称こじるりちゃんです。

 最近コメンテーター的な立場で、テレビにも出ています。元々学力優秀だったようです。

 仕事が忙しくなり、大学を中退されたそうです。

Eds8oqnu0aiart0

 スイカビキニをこの番組用に用意してくるところがいいですね。気遣いできる素晴らしい女性だと思います。

【番組テーマ曲 『さすらい』 スピッツ版】

 

2019年7月29日 (月)

映画『新聞記者』

 前から見たかった映画『新聞記者』をやっと見ることができました。

Cimg5260

 イオンモール橿原の東宝シネマでなく、ツインゲートにあるユナイテッドシネマ橿原です。

 平日の夕方なので、空いていました。

Cimg5261

 この映画、松坂桃李が主演にもかかわらず、あまりマスコミに取り上げられていません。

 東京新聞の望月衣塑子さんの著書『新聞記者』を原案に映画化されました。

 映画の中でも、国家戦略特区に医療系大学新設計画が描かれていました。また、内閣情報調査室が現政権に不都合なニュースをコントロールする様子など、今の安倍政権を想像させるような内容でした。

 このため、安倍政権が圧力を掛け、マスコミも忖度してこの映画を取り上げないと、ネットでも問題になっています。

Cimg5262

 映画の前の諸注意や、今後上映される映画の宣伝です。この中にも見たいと思う面白そうな映画化がありました。

 今日見た映画『新聞記者』は、良かったです。あまり政治に興味関心の無い人々に見てほしいですね。

2019年6月13日 (木)

JR西日本

 先日春闘、賃上げに関するニュースが報道されていました。高度経済成長期には、当時の国鉄をはじめ私鉄も経営者側と労働組合側が話が決裂し、ストライキに突入することがありました。鉄道の運休で不便な状況になりますが、労働者の賃上げをリードする一面もあったので、サラリーマン家庭に育った私は、賃上げのため頑張れという気持ちで、労働者側を応援していました。

 しかし最近は、労働組合離れや組合の弱体化など、強硬手段でストライキに突入することは滅多にありません。かといって、労働者の賃上げが満足いくものではありません。経営者側の思うままになっているようで、危惧しています。

 さて、最近気になっている『JR西日本』のCM。元々は財津和夫さんの曲『切手のないおくりもの』で、ビューティフルハミングバードの小池光子さんがカバーして歌われているようです。

【JR西日本のCM】 一人ひとりの思いを、届けたい。

(公式のCMなので、残念ながらプログに埋め込みはできません)

2019年6月11日 (火)

日本生命『見守るということ』

 我が家も大学生の娘をもつので、以前から日本生命のCMと自分自身を重ね合わせてみていました。このCMは2018年から流れています。

 幸い私は今のところは健康で元気に仕事できていますが、病気になったりとか、事故に遭ったりとか、万が一のことを考えたりする年齢になってしまいました(笑)。

 このCM、バックに流れているピアノの曲もストーリーに合わせて泣かせますね。

【日本生命CM フルバージョン】

 

2019年6月 5日 (水)

喜劇『オカンの予備校特急』

 ネットで知り合いになった和歌山市でKGセミナーという個人塾型予備校を経営されている塾長のY先生。

 後輩が映画を作り、その映画がとうとう映画館で上映されることになったそうです。

 予備校を舞台にした映画だったので、KGセミナーでの撮影も快諾されました。当時の予備校生たちもエキストラ出演しているそうです。

 大阪市西九条にあるシネ・ヌーヴォXで6月29日から7月12日まで、夜7時から毎日上映されます。興味のある方はご覧になってください。

KGセミナー 塾長ブログ】 

【この映画の予告編】

 

 

より以前の記事一覧